【最新】メンズフィットネスモデルの競技ルールまとめ(国際基準)

コンテスト
この記事は約5分で読めます。

フィットネスモデル競技に出場したいけど、ルールを詳しく知りたい。

各団体のルールの違いを知りたい。

という方に向けて、メンズフィットネスモデルの競技ルールを団体ごとに紹介します。
本記事では世界的なフィットネス団体のIFBBアマチュアの競技ルール(2021年版)を紹介します。

*開催大会によって異なる場合がありますので、出場する場合は大会要項をよく確認ください。

スポンサーリンク

IFBBアマチュアリーグ(JBBF)

カテゴリー

IFBBアマチュアリーグは身長ごとでクラスが異なります。

カテゴリー
  • クラスA:176cm以下
  • クラスB:183cm以下
  • クラスC:183cm以上

カテゴリー分けは5人以上の競技者がいる場合に適用され、5人未満の場合は可能な限りカテゴリーが結合されます。5人未満のカテゴリーの場合、タイトルやメダルは授与されません。

コスチューム

予選と決勝でスポーツウェアを着用し、決勝最終審査ではカジュアルスタイルウェアを着用します。服装は以下の基準で定められています。

予選・決勝:スポーツウェア
1.上はタンクトップ等で無地、材質と色は自由
2.胸筋と僧帽筋を半分ほど隠す形状
3.下はハーフパンツで太ももの半分の長さ
4.裸足(履物は不可)
5.結婚指輪以外の宝石・アクセサリー類は不可
6.ヘッドギアは事前承認で着用可能
決勝:カジュアルスタイルウェア
1.ジャケットなどのカジュアルスポーツウェア
2.前ボタンは外して腹筋を見せる
3.ジーンズやチノパンなどのカジュアルスタイルパンツ
4.裸足(履物は不可)

カラー・オイル

ボディカラーリングとセルフタンニング製品を使用することができます。
また、ボディオイルと保湿剤は適度に使用することができます。

禁止事項
・カラーが色落ちするものは使用不可
・光沢のあるメタリックパール、ゴールドカラーリング
・オイルを過度に塗布すること

審査基準

審査基準は肉体的な観点とステージマナーの2項目において設定されています。

1.肉体的な観点

・トータルパッケージ(体全体・肌の色艶・ヘアースタイル・表情・服装)で考慮される
・全体のコンディションと個々の筋肉が丸く形の良いバランスのとれたつき方をしているかを重視する
・仕上がりは厳しくあるべきだが、過度に発達した筋肉や絞り過ぎは減点の対象となる
・筋肉をフレックスし過ぎたり、過度に体を誇張することも減点の対象となる

2.ステージマナー

・ステージ態度に落ち着きと品の良さがあるか、その人柄が観客に伝わり、ステージ上で自信を持ってパフォーマンスをしているか
・ウォーキングやターンの動作また、ポーズを決めたときにスポーツマンらしい清々しさが表現できているか
・常にスポーツマンシップとアマチュア精神にのっとったステージマナーに徹しているか

ラウンド

審査は予選→決勝の順に行われ、人数によってラウンド数が変わります。
大会の規模により決勝審査のみを行う場合もあります。

1.ピックアップ審査(予選):15名をピックアップ(15名以内の場合は行わない)
2.ラウンド1(予選):15名→6名にピックアップ
3.ラウンド2(決勝):決勝進出者6名で順位付け(スポーツウェア)
4.ラウンド3(決勝):決勝進出者6名で順位付け(カジュアルスタイルウェア)

ピックアップ審査(予選)

出場選手が多い場合、各クラスを15名に絞るために予備としてピックアップ審査を行います。

ピックアップ審査の流れ

①ステージ中央を開けて1列に並ぶ
②グループ単位でステージ中央に呼ばれ、クォーターターンを行う
③列に戻り、全員がポーズを行ったらステージからはける

ラウンド1(予選)

ラウンド1(予選)ではピックアップ審査で選ばれた15名の選手を順位付します。
15名の内、6位以内に入れば次のラウンド2(決勝)に進むことができます。

ラウンド1(予選)の流れ

①ステージ中央を開けて1列に並ぶ
②グループ単位でステージ中央に呼ばれ、クォーターターンを行う
③列に戻り、全員がポーズを行ったら個別に番号が呼ばれる
④クォーターターンを行い、比較審査される

ラウンド2(決勝)

決勝進出者6名の順位付けを行います。

ラウンド2(決勝)の流れ

①番号と名前が呼ばれ、一人ずつステージ正面に歩きクォーターターンを行う
②ステージ中央に並び、全員でクォーターターンを行う

ラウンド3(決勝)

決勝進出者6名の順位付けを行います。

ラウンド3(決勝)の流れ

①コールされた選手は、Tウォーキングでステージ中央と左右でポーズを取る
②ステージ中央に並び、全員でクォーターターンを行う

※Tウォーキングとは:
ステージ中央から登場し、前身して止まりワンポーズ⇨右に5歩移動してワンポーズ⇨左に10歩移動してワンポーズを行います。選手の動線がT字の形を示すことからTウォーキングと言います。

オーバーオール審査

各カテゴリーごとでクラス優勝者が集って審査するオーバーオール審査が最後に行われます。

各カテゴリーの優勝者がステージに並び、クォーターターンを行い審査されます。
この審査により総合チャンピオンが決定します。

クォーターターン(ポージング)

各ラウンドでは以下のジャッジの指示によりポーズを順番に行います。

1.クォーターターンライト(右向き)
2.クォーターターンバック(後向き)
3.クォーターターンライト(左向き)
4.クォーターターンフロント(前向き)

右に90度ずつ回転してポーズを行うためクォーターターンと呼ばれます。
また、ジャッジの指示に従わないとイエローカード・レッドカードで減点が下されます。

参考・引用:
ルール IFBBメンズフィットモデル競技ルール2021年版
画像 IFBBフィリピンFacebook

コメント