【最新】ウィメンズフィジークの競技ルールまとめ(国際基準)

コンテスト
この記事は約10分で読めます。

ビキニ競技に出場したいけど、ルールを詳しく知りたい。

各団体のルールの違いを知りたい。

という方に向けて、ウィメンズフィジークの競技ルールを団体ごとに紹介します。
本記事では世界2大フィットネス団体のIFBBアマチュアとIFBBプロの競技ルール(2021年版)を紹介します。

*開催大会によって異なる場合がありますので、出場する場合は大会要項をよく確認ください。

スポンサーリンク

IFBBアマチュアリーグ(JBBF)

カテゴリー

IFBBアマチュアリーグは年齢でシニア(一般)・マスターズとして分類されており、それぞれ身長ごとでクラスが異なります。

シニア(一般)
  • クラスA:163cm以下
  • クラスB:163cm以上
マスターズ
  • 45歳以上
  • オープン(身長制限なし)

カテゴリー分けは5人以上の競技者がいる場合に適用され、5人未満の場合は可能な限りカテゴリーが結合されます。5人未満のカテゴリーの場合、タイトルやメダルは授与されません。

コスチューム

全てのラウンドで服装はツーピースビキニ着用で、以下の基準で定められています。

1.ビキニは不透明でツーピーススタイル
2.ビキニ、ハイヒールの材質と色は自由
3.メーカーロゴなどの文字入れは不可
4.大臀筋の1/2以上をカバーする面積
5.裸足
6.結婚指輪以外の宝石・アクセサリー類は不可
7.豊胸手術を除き人工的な変化は禁止

フィットネスビキニを専門とする販売店もありますので、好みのコスチュームで出場しましょう。

カラー・オイル

ボディカラーリングとセルフタンニング製品を使用することができます。
また、ボディオイルと保湿剤は適度に使用することができます。

禁止事項
・カラーが色落ちするものは使用不可
・光沢のあるメタリックパール、ゴールドカラーリング
・オイルを過度に塗布すること

審査基準

審査基準は肉体的な観点とステージマナーの2項目において設定されています。

1.肉体的な観点

・トータルパッケージ(体全体・肌の色艶・ヘアースタイル・表情)で考慮される
・全体のコンディションとバランスのとれた筋肉のつき方をしているかを重視する
・全ての筋肉の発達とバランスが評価される
・健康で魅力的かつ女性らしさを持つ体格であるか

2.ステージマナー

・ステージ態度に落ち着きと品の良さがあるか、その人柄が観客に伝わり、ステージ上で自信を持ってパフォーマンスをしているか
・ウォーキングやターンの動作また、ポーズを決めたときにスポーツマンらしい清々しさが表現できているか
・常にスポーツマンシップとアマチュア精神にのっとったステージマナーに徹しているか

ラウンド

審査は予選→決勝の順に行われ、人数によってラウンド数が変わります。
大会の規模により決勝審査のみを行う場合もあります。

1.ピックアップ審査(予選):規定ポーズ
 15名をピックアップ(15名以内の場合は行わない) 
2.ラウンド1(予選):規定ポーズ
 15名→6名にピックアップ
3.ラウンド2(決勝):規定ポーズ
 決勝進出者6名で順位付け
4.ラウンド3(決勝):フリーポーズ
 決勝進出者6名で順位付け

ピックアップ審査(予選)

出場選手が多い場合、各クラスを15名に絞るために予備としてピックアップ審査を行います。

ピックアップ審査(予選)の流れ

①番号順に1列または2列で整列し、2つに分かれてステージに立つ
②8人以下のグループで以下4つのポーズを行う
・フロントダブルバイセップス
・サイドチェスト
・バックダブルバイセップス
・サイドトライセプス
③ポーズ後はステージ後ろに並び直す
④筋肉のサイズや密度感を評価され、上位15名がラウンド1に進む

ラウンド1(予選)

ラウンド1(予選)ではピックアップ審査で選ばれた15名の選手を順位付します。
15名の内、6位以内に入れば次のラウンド2(決勝)に進むことができます。

ラウンド1(予選)の流れ

①ステージに1列で整列し、番号や名前がコールされる
②2つのグループに分かれてステージに立つ
③コールされた選手は、ステージ中央へ登場し、ジャッジの指示で以下のポーズを取る
・フロントダブルバイセップス
・サイドチェスト
・バックダブルバイセップス
・サイドトライセプス
④舞台後方に移動して整列
⑤10名以下の番号が呼ばれ、ステージ中央に整列する
⑥ジャッジの指示で以下のポーズを取る
・クォーターターンライト
・クォーターターンバック
・クォーターターンレフト
・クォーターターンフロント
・フロントダブルバイセップス
・サイドチェスト
・バックダブルバイセップス
・サイドトライセプス
⑦比較審査終了後、選手はナンバー順に整列したあとステージを降りる

ラウンド2(決勝)

決勝進出者6名の順位付けを規定ポーズで行います。

ラウンド2(決勝)の流れ

①ステージに1列で整列し、番号や名前がコールされる
②コールされた選手は、ステージ中央へ登場し、ジャッジの指示で以下のポーズを取る
・クォーターターンライト
・クォーターターンバック
・クォーターターンレフト
・クォーターターンフロント
・フロントダブルバイセップス
・サイドチェスト
・バックダブルバイセップス
・サイドトライセプス
③舞台裏に移動してラウンド3に備える

ラウンド3(決勝)

決勝進出者6名の順位付けをフリーポーズで行います。

ラウンド3(決勝)の流れ

①ステージに1名ずつ登場し、各自が用意した30〜60秒の音楽に合わせて自由にポーズを行う
②舞台裏に移動して順位発表に備える
※ラウンド2と3の総合得点で順位が決まる

オーバーオール審査

各カテゴリーごとでクラス優勝者が集って審査するオーバーオール審査が最後に行われます。

シニアウィメンズフィジーク(最大2人)

各カテゴリーの優勝者がステージに並び、規定ポーズとフリーポーズを行い審査されます。
この審査により総合チャンピオンが決定します。

クォーターターン(ポージング)

各ラウンドでは以下のジャッジの指示によりポーズを順番に行います。

1.クォーターターンライト(右向き)
2.クォーターターンバック(後向き)
3.クォーターターンライト(左向き)
4.クォーターターンフロント(前向き)

右に90度ずつ回転してポーズを行うためクォーターターンと呼ばれます。
また、ジャッジの指示に従わないとイエローカード・レッドカードで減点が下されます。

フロントポジション(前向き)

・直立した姿勢で、頭と目は体と同じ方向を向ける
・足は揃えるかわずかに横に開く
・両腕を等間隔で開き、肘をやや曲げる
・腹部はわずかに収縮し、胸を張り、肩はやや後ろ

レフトサイドポジション(右向き)

・右に90度曲がる(ジャッジが左側にくる)
・直立した姿勢で、頭と目は体と同じ方向を向ける
・右腕を前、左腕を後ろに出し、肘をやや曲げる
・右肩が少し上がる程度は問題ない

バックポジション(後向き)

・直立した姿勢で、頭と目は体と同じ方向を向ける
・足は揃えるかわずかに横に開く
・両腕を等間隔で開き、肘をやや曲げる
・腹部はわずかに収縮し、胸を張り、肩はやや後ろ

ライトサイドポジション(左向き)

・右に90度曲がる(ジャッジが右側にくる)
・直立した姿勢で、頭と目は体と同じ方向を向ける
・左腕を前、右腕を後ろに出し、肘をやや曲げる
・左肩が少し上がる程度は問題ない

規定ポーズ(ポージング)

各ラウンドでは以下のジャッジの指示によりポーズを順番に行います。

1.フロントダブルバイセップス
2.サイドチェスト
3.バックダブルバイセップス
4.サイドトライセプス
フロントダブルバイセップス

・正面をジャッジに向けて立ち、片方の足を開く
・両腕を肩の高さまで上げ、肘で曲げる
・指を上に向けて開く
・上腕二頭筋だけでなく、三角筋・胸筋・腹直筋・大腿四頭筋などの全体的なバランスが評価される

サイドチェスト

・左右どちらかをジャッジに向けて立つ
・両腕を伸ばして斜め下で手を重ねる
・ジャッジ側の脚は膝を伸ばし、前に出してつま先立ち
・ジャッジと逆側の足はやや曲げて立つ
・胸筋だけでなく脚、ふくらはぎも評価される

バックダブルバイセップス

・背中をジャッジに向けて立ち、片方の足を開く
・両腕を肩の高さまで上げ、肘で曲げる
・指を上に向けて開く
・上腕二頭筋だけでなく、広背筋・脊柱起立筋・大臀筋・ふくらはぎなどの全体的なバランスが評価される

サイドトライセプス

・左右どちらかをジャッジに向けて立つ
・両腕を後ろに回し、肘を伸ばして手を重ねる
・ジャッジ側の脚は膝を伸ばし、前に出してつま先立ち
・ジャッジと逆側の足はやや曲げて立つ
・上腕三頭筋だけでなく脚、ふくらはぎも評価される

参考・引用:
ルール IFBBウィメンズフィジーク競技ルール2021年版
画像 IFBBウィメンズフィジーク競技ルール2019年版

JBBFのポージング解説動画は公式Youtubeチャンネルの以下の動画を参考ください。

IFBBプロリーグ(FWJ)

カテゴリー

IFBBプロリーグは身長ごとでクラス分けされており、クラス数は大会により異なります。
年齢によるマスターズカテゴリーや初心者向けのノービスカテゴリーがある大会もあります。

8クラスの場合
  • クラスA:157cm以下
  • クラスB:162cm以下
  • クラスC:167cm以下
  • クラスD:167cm以上

コスチューム

全てのラウンドで服装はツーピースビキニ着用で、以下の基準で定められています。

1.ビキニは不透明でツーピーススタイル
2.ビキニの材質と色は自由
3.メーカーロゴなどの文字入れは不可
4.ボトムはV字型

カラー・オイル

オイル、保湿剤、スキンクリーム、日焼けクリームなどの適度な塗布は可能。
カラー製品の適用は、自然な日焼けトーンで使用可能。

禁止事項
・オレンジ系、メタリック系の色調カラー
・オイルを過度に塗布すること

審査基準

審査基準は肉体的な観点と個性の2項目において設定されています。

肉体的な観点・個性

・筋肉質と全体的な状態を組み合わせて評価する
・極端な筋肉質は減点
・個性を観客にうまく伝えることができ、最高のステージ表現と落ち着きが必要

ラウンド

審査は予選→決勝の順に行われ、人数によってラウンド数が変わります。
大会の規模により決勝審査のみを行う場合もあります。

1.ピックアップ審査(予選):10名をピックアップ
2.決勝ラウンド:10名を順位付け

ピックアップ審査(予選)

各クラスを10名に絞るためにピックアップ審査を行います。

ピックアップ審査(予選)の流れ

①番号順に呼ばれ、60秒以内に以下5つのポーズを最大で行う
・フロントダブルバイセップス
・サイドチェスト
・バックダブルバイセップス
・サイドトライセプス
・アブドミナルアンドサイ
②ポーズ後はステージ後ろに並び直す
③ジャッジに番号を呼ばれた選手がステージ中央に並び以下のポーズを取る
・クォーターターン
・規定ポーズ
④上位10名が決勝ラウンドに進む

決勝ラウンド

決勝進出者10名の順位付けを行います。

決勝ラウンドの流れ

①ステージに1名ずつ登場し、各自が用意した最大3分の音楽に合わせて自由にポーズを行う(フリーポーズ)
②全員でステージ上に整列する
③ジャッジの指示で以下のポーズを取る
・クォーターターン
・規定ポーズ

クォーターターン(ポージング)

各ラウンドでは以下のジャッジの指示によりポーズを順番に行います。

1.クォーターターンライト(右向き)
2.クォーターターンバック(後向き)
3.クォーターターンライト(左向き)
4.クォーターターンフロント(前向き)

IFBBアマチュア基準とほぼ同じです。

右に90度ずつ回転してポーズを行うためクォーターターンと呼ばれます。
また、ジャッジの指示に従わないとイエローカード・レッドカードで減点が下されます。

規定ポーズ(ポージング)

各ラウンドでは以下のジャッジの指示によりポーズを順番に行います。

1.フロントダブルバイセップス
2.サイドチェスト
3.バックダブルバイセップス
4.サイドトライセプス
5.アブドミナルアンドサイ

IFBBアマチュア基準とほぼ同じです。

参考・引用:
ルール IFBBプロウィメンズフィジーク競技ルール2021年版

コメント