【食欲の秋】ダイエットに使える秋の味覚8選

減量・ダイエット
この記事は約4分で読めます。

食欲の秋で食べ過ぎてしまうけど秋の旬な食材を使ってダイエットしたい。

秋の味覚でダイエットできる方法を知りたい。

という方に向けて、本記事ではダイエットに使える秋の味覚を紹介します。
※選定基準は高タンパク質・低脂質・高食物繊維のいずれかに当てはまる食材です。

スポンサーリンク

牡蠣

牡蠣は海のミルクと呼ばれるほど栄養が豊富です。真牡蠣と岩牡蠣が有名で、秋の旬は真牡蠣です。
ビタミンB12、亜鉛、鉄分が多く含まれ疲労回復、免疫力の向上に役立ちダイエット中の肉体的負担を和らげてくれます。

引用:カロリーSlim

栄養成分も優秀で高タンパク質で低脂質な食材です。
シンプルな炭火焼きや味噌炒めなど少しの調味料で調理できる料理がダイエットにはおすすめです。

カツオ

カツオは春と秋が旬で、秋は戻りカツオと言われ良質な脂を蓄えていて美味しいです。
カツオは鉄分が豊富で貧血予防に役立ちます。

引用:カロリーSlim

栄養成分は高タンパク質で低脂質、低糖質な食材のためダイエットに最適です。
刺身でネギとポン酢をかけてさっぱり食べるのがおすすめです。

栗は秋が旬でスーパーや栗拾いなどのイベントでも手に入れることができます。
栗はビタミンCが豊富で免疫力を高める効果を持ちます。

また、栗の渋皮にはポリフェノールの一種であるタンニンが多く含まれており、抗酸化作用で老化の防止やガン予防に効果があります。渋皮煮などで食べやすくなります。

引用:カロリーSlim

栄養成分は食物繊維が豊富な炭水化物源で、玄米100gあたり1.4gの食物繊維量と比較して栗は約3倍の食物繊維量を持ちます。

さつまいも

さつまいもは秋から冬にかけて旬な食材で糖分が蓄えられた甘いさつまいもが食べられます。
さつまいもにはヤラピンという栄養素が含まれ腸の動きを活発化させ快便につながります。

引用:カロリーSlim

栄養成分は食物繊維が豊富な炭水化物源で、玄米100gあたり1.4gの食物繊維量と比較してさつまいもは約2倍の食物繊維量を持ちます。
オーブンなどで焼き芋にして食べると甘みが増して美味しく食べられます。

かぼちゃ

かぼちゃも秋から冬にかけて旬な食材で糖分が蓄えられた甘いかぼちゃが食べられます。
かぼちゃにはビタミンEやベータカロテンが多く含まれ抗酸化作用を持ち若返りにつながります。

引用:カロリーSlim

栄養成分は食物繊維が豊富な炭水化物源で、玄米100gあたり1.4gの食物繊維量と比較してかぼちゃは約2.5倍の食物繊維量を持ちます。
また、水分量が多いため100gのカロリーが低くダイエット中の満腹感を満たしてくれます。

れんこん

れんこんは秋が旬な食材でシャキシャキとしたみずみずしいれんこんを食べることができます。
れんこんにはタンニンという栄養素が含まれ抗酸化作用を持ち肌の調子を整えてくれます。

引用:カロリーSlim

栄養成分は食物繊維が豊富な炭水化物源で、玄米100gあたり1.4gの食物繊維量と比較してれんこんは約2倍の食物繊維量を持ちます。
また、水分量が多いため100gのカロリーが低くダイエット中の満腹感を満たしてくれます。

タケノコ

タケノコは秋が旬で身が大きくシャキシャキとした美味しいタケノコを食べることができます。
タケノコはアミノ酸の一種のチロシンが豊富で疲労回復効果があります。

引用:カロリーSlim

タケノコは水分が豊富なためカロリーがとても低くダイエットの際の量増しとして活用できます。
炊き込みご飯の具材として入れれば満足感のあるボリュームでカロリーを抑えることができます。

きのこ類

きのこ類は秋が旬で松茸、椎茸、しめじ、エノキ、舞茸などが代表格です。
きのこはビタミンが豊富で体調管理や健康維持に役立ちます。

また、舞茸はプロテアーゼというタンパク質分解酵素を持ち肉と一緒に料理すると肉を柔らかくしてくれます。

引用:カロリーSlim

きのこは水分が豊富なためカロリーがとても低くダイエットの際の量増しとして活用できます。

コメント