【必見】パサついた鶏胸肉を柔らかくするタンパク質分解酵素とは?

食事・栄養
この記事は約4分で読めます。
  • 鶏胸肉やささみは低カロリーでダイエットに良いっていうけどパサパサして美味しくない
  • 鶏胸肉を柔らかくする方法を知りたい

という方に向けて、本記事ではタンパク質分解酵素による鶏胸肉を柔らかくする方法を紹介します。

スポンサーリンク

タンパク質分解酵素とは

タンパク質分解酵素とはプロテアーゼというタンパク質の一種で、タンパク質を加水分解してアミノ酸やペプチドの分子が小さい形に分解(ペプチド化)して肉を軟化させる働きを持つ酵素です。

プロテアーゼは人間の胃や腸に保有していて消化を促す役割を持ちます。
食材にも含まれキウイフルーツやパイナップルが代表的です。生の状態でのみ酵素を持つため缶詰やジュースなど加熱して加工されたものは酵素が失われているので注意が必要です。

プロテアーゼはサプリメントとしても摂取でき、タンパク質を多く取るトレーニーの消化を助ける働きをしてくれます。

タンパク質分解酵素を含む食材

キウイフルーツ

キウイフルーツにはアクチニジンというプロテアーゼの一種が多く含まれタンパク質を分解する酵素を持ちます。
キウイフルーツはフルーツの中でビタミンCを最も多く含む食材で、抗酸化作用や皮膚や血管を保つコラーゲンの生成にも役立ちます。

パイナップル

パイナップルにはブロメラインというプロテアーゼの一種が多く含まれタンパク質を分解する酵素を持ちます。
パイナップルはビタミンB1を多く含む食材で、疲労回復や糖質の代謝にも役立ちます。

パパイヤ

パパイヤにはパパインというプロテアーゼの一種が多く含まれタンパク質を分解する酵素を持ちます。
パイナップルはビタミンA(カロテン)を多く含む食材で、生活習慣病の予防や免疫力向上にも役立ちます。

イチジク

イチジクにはフィシンというプロテアーゼの一種が多く含まれタンパク質を分解する酵素を持ちます。
イチジクはペクチン(食物繊維)を多く含む食材で、腸内環境を整える便秘改善や血糖値の下降にも役立ちます。

舞茸

舞茸にはプロテアーゼが多く含まれタンパク質を分解する酵素を持ちます。
舞茸はビタミンDを多く含む食材で、カルシウムの吸収にも役立ちます。

ヨーグルト

ヨーグルトには乳酸菌が作り出すプロテアーゼが多く含まれタンパク質を分解する酵素を持ちます。
ヨーグルトは乳糖を多く含む食材で、カルシウムや鉄の吸収にも役立ちます。

ハチミツ

ハチミツにはプロテアーゼが多く含まれタンパク質を分解する酵素を持ちます。
ハチミツは花粉を多く含む食材で、ビタミンやカルシウムの摂取にも役立ちます。

玉ねぎ

玉ねぎにはプロテアーゼが多く含まれタンパク質を分解する酵素を持ちます。
玉ねぎは食物繊維・オリゴ糖を多く含む食材で、腸内環境の改善にも役立ちます。

塩麹

塩麹には麹菌が作り出すプロテアーゼが多く含まれタンパク質を分解する酵素を持ちます。
塩麹はオリゴ糖を多く含む食材で、腸内環境の改善にも役立ちます。

生姜

生姜にはプロテアーゼが多く含まれタンパク質を分解する酵素を持ちます。
生姜はジンゲロールを多く含む食材で、血行・免疫力の改善にも役立ちます。加熱することでより効果が高くなります。

お肉を柔らかくする調理方法

タンパク質分解酵素を持つ食材をお肉に塗るまたは乗せることで酵素が浸透し、タンパク質の結合を切られることでお肉が柔らかくなります。
特にタンパク質含有量が多い鶏胸肉やささみ肉に使用することでより柔らかさを実感できます。

ダイエット中の方にはカロリーが限りなく低い舞茸(100gあたり16kcal)を使用することをお勧めします。
料理の味を邪魔しないのは塩麹でほのかな塩味と麹の香りがどんな料理にも合います。

タンパク質分解酵素を浸透させるポイント

・酵素を持つ食材は細かく切るか砕く
・お肉にフォークで穴を開けてから塗る
・酵素を塗ったら常温で1〜2時間置く

コメント