ボディビルダーが水を飲むべき理由と高コスパな水の購入方法

食事・栄養
この記事は約5分で読めます。
  • 筋トレをしていたら水をたくさん飲むべきと聞いたけど、なぜ水が必要なのか知りたい
  • ボディビルダーはどのくらい水を飲んでいるのか知りたい

という方に向けて、ボディビルダーが水を飲むべき理由と高コスパな水の購入方法について紹介します。

スポンサーリンク

ボディビルダーが水を飲む理由

ボディビルダーは筋肉を大きくするために日々多くの栄養を食事やサプリメントから摂取しています。
栄養を筋肉に届けるために水が必要不可欠のためボディビルダーは多くの水を摂取しています。

1日に必要な水の量とは

1日に必要な水分量の目安は以下になります。

必要な水分量(ℓ)=体重(kg)×0.5

体重70kgの方は3.5リットルの水を1日に摂取する計算です。
普段の活動や筋トレで汗をよく掻く場合は多めに摂取すると良いです。

筋トレ中はイントラワークアウトドリンクとして1リットルほどの水にサプリメントを入れて飲むと良いです。

高コスパな水の購入方法

浄水ポットを使う

水道水をそのままポットに入れて飲み口のフィルターを通して浄水できるボトルです。

水道水と浄水フィルターの交換代がランニングコストです。
浄水ボトルを販売している ウェルビナ を例に水1ℓあたりのコストを算出します。

項目費用
ポット+浄水フィルター(400ℓ耐久)7,231円
交換用フィルター(400ℓ耐久)3,870円
水道代(全国平均)0.24円/ℓ
浄水ボトルのコスト(1ℓあたり)
  • (初回ボトル購入時)18円
  • (ランニング)10円

浄水ボトルを使う

水道水をそのままボトルに入れて飲み口のフィルターを通して浄水できるボトルです。
持ち運びができるので出先の水道で綺麗な水が飲める点が良いです。

水道水と浄水フィルターの交換代がランニングコストです。
浄水ボトルを販売している リセラ を例に水1ℓあたりのコストを算出します。

項目費用
ボトル+浄水フィルター(180ℓ耐久)10,725円
交換用フィルター(180ℓ耐久)5,720円
水道代(全国平均)0.24円/ℓ
浄水ボトルのコスト(1ℓあたり)
  • (初回ボトル購入時)60円
  • (ランニング)32円

ペットボトルのミネラルウォーターをまとめ買いする

ペットボトルで売られている水をまとめ買いして単価を下げることが出来ます。
自宅用であれば500㎖より2ℓペットボトルを購入した方が単価が安いです。

ペットボトルミネラルウォーターのコスト(1ℓあたり)
  • (2ℓペットボトル×8本入)64円
  • (500㎖ペットボトル×24本入)88円

ウォーターサーバーを設置する

ウォーターサーバーは自宅に設置するミネラルウォーターを冷水・温水で使い分けれる機械です。

サーバー機器は無料でレンタルできるものが多く、水のタンク交換と電気代がランニングコストになります。
業界最安と謳っている ワンウェイウォーター を例に水1ℓあたりのコストを算出します。

項目費用
ウォーターサーバー機器レンタル0円
ミネラルウォータータンク(12ℓ)1,350円
電気代(1ヶ月)474円
ウォーターサーバーのコスト(1ℓあたり)
  • 127円(電気代含む)

ボトル買い切りサービスを利用する

ボトル買い切りサービスとはスーパーや薬局などで空の専用ボトルを購入することで店舗に設置してあるウォーターサーバーを利用することができるサービスです。
ボトルを1回購入するだけで何度でも水を無料で補給することができ使うほどお得になります。

以下のような店舗でサービスを受けることができます。

  • マックスバリュ
  • スギ薬局
  • イトーヨーカドー など

ボトル代金は400円程で、使うほど1ℓあたりのコストは下がっていきます。
デメリットは水を補給するために店舗を往復する必要があることです。

スポーツジムのウォーターサーバーを利用する

スポーツジムにはウォーターサーバーが設置してあることが多いです。
ウォーターサーバーの利用がジムの月会費に含まれている場合とオプションで課金が必要な場合があります。

筋トレ中の水分補給は必須なのでジムの月会費にウォーターサーバー台が含まれている場合は惜しみなく活用しましょう。

コメント